無料ブログはココログ

スケジュール

  • 火曜日は、『青あらし』dayです。
  • 日曜日はお休みです。

« 頭痛 | トップページ | カエルの合唱 »

2012年6月23日 (土)

Q&Aと私の考え

ベビーマッサージに興味を持っていただいた方が、『聞いてみたいな~』って思われるようなことを、私の考えとともに、記載しました。


Q.『いつごろからできるのかな?』

A.ママさんにやっていただく分には、誕生直後からやっていただけます。なので、赤ちゃんが生まれてからすぐにやってあげたいと思っている方には、妊婦さんの時に指導させていただきます。その際は、お人形を使って、手技をお教えいたします。(お人形はこちらで用意できます。)

ただし、誕生直後に私が指導することは控えさせていただいています。赤ちゃんは、最初の1カ月くらいは、まだ、眠っている時間が長いので、マッサージの指導をする時間が限られてしまいます。また、ママさんもまだまだお疲れだと思います。人と会うことは気分転換にもなりますが、疲れるのも事実です。出来る限り、休めるときには休んでいただきたいです。

誕生直後の赤ちゃんには、マッサージでなくても赤ちゃんをさすったり、撫でてあげたりして触れ合うことでも十分効果は得られると思いますので、2カ月くらいしてママさんと赤ちゃんの生活が落ち着いてきたら、マッサージを習ってみてください。


Q.『いつごろまでできるのかな?』

A.一応1歳半くらいを目安にしています。ただ、ベビーの時に覚えておくと、Kidsになっても応用して続けていただけますので、私としては、上限はないと思っています。

なので、「もう、ベビーを卒業しているんだけど…」というママさんにも、「覚えたい」と言っていただけるのであれば、どなたにでもお教えいたします。お子さんが逃げちゃうときには、お人形をお貸しします。

赤ちゃんは、日々、成長しています。寝返りやハイハイが始まるとじっとしてはいないので、『マッサージできないかも…』ということもあります。そんな時は、アレンジをしてマッサージをお教えしたり、お人形を使って、手技の指導をさせていただきます。


Q.『オイルは使っていいのかな?』

A.オイルについては賛否両論あります。

私の場合、赤ちゃんの肌は弱く、摩擦に対する抵抗力も弱いので、摩擦から肌を守るためにオイルを使います。しかし、日本は高温多湿なため、そんなに気にせず、直接肌と肌が触れ合った方がいいという意見もあります。ただ、オイルをつけるとママさんの手が滑らかに動きリラックス効果が高まるのも事実です。なので、オイルについては、ママさんに一任しています。

なお、オイルを使用する場合の注意点としては、天然の植物性(食用でないもの)で無香料・無着色・合成保存料などを使っていない物をおススメしています。それから、赤ちゃんの肌はとても敏感ですので、マッサージをする前にためし塗りをすることをおススメしています。


Q.『アロマとの併用はできるのかな?』

A.アロマとの併用は、赤ちゃんの間は、私はおススメしません。あかちゃんはママのにおいが大好きです。また、ママさんが好きな香りでも、必ずしも赤ちゃんが好きだとは限りませんし、そのことを赤ちゃんは伝えることが出来ませんので、マッサージの時間を不快に過ごすことにもなりかねません。逆に、赤ちゃんが好きで、ママさんが嫌いな香りだと今度は、ママさんがストレスを感じてしまいますので、赤ちゃんが好き・嫌いを伝えられるようになった時、ママさんと赤ちゃんの双方が好きな香りならば構わないかもしれません。

しかし、アロマの精油には、それ自体にいろいろな効能がありますので、知らないうちに持病を誘発してしまう可能性がないとは言えません。その辺をきちんと調べたうえで、各自の判断と責任の下でお使いになってください。


Q.『いつやったらいいのかな?』

A.ママさんと赤ちゃんの気分が共にゆったりとしている時に行ってください。

食後すぐは苦しいですし、マッサージによって、血流がよくなり、体温も上昇していますので、お風呂に入る直前は避けてくださいdanger

 


Q.『全部一度にやらないといけないのかな?』

A.なかなか一度に全部やるのは大変だと思います。1日5分でも10分でも、出来る場所をやってください。少しずつでも毎日やってあげるのがいいと思います。もちろんできれば全部やってあげてもかまいません。


Q.『やらない方がいいときはあるの?』

A.赤ちゃんの体調が悪いとき・予防接種後24時間以内は避けてください。

湿疹等がある場合、ひどい場合は休んでいただき、少しであれば、その場所を避けて、できればオイルを使わず(気になるようであれば)肌着の上からなど、行っていただければいいかと思います。

それから、ママさんが忙しいとき、体調が悪いときもお休みしてください。

このほか、疑問や質問があれば、出来る限り、お答えしていきます。

danger ただし、マッサージは病気を治す目的で行うものではありませんので、医学的なことはお答えできないかと思いますsweat01 くれぐれもご了承ください


 

« 頭痛 | トップページ | カエルの合唱 »

Q&A」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585769/55031709

この記事へのトラックバック一覧です: Q&Aと私の考え:

« 頭痛 | トップページ | カエルの合唱 »